キャッチコピー
無料相談予約ボタン

キービジュアル

装置1

スタンダード矯正:
総額60万円/月額25,000円~
プロフェッショナル矯正:
総額80万円/月額33,400円~

総額提示方式」なので、
追加費用、調整料も
かかることはありません。

  • 治療前
  • 治療後

約60万円。表側の矯正装置で
歯並びを整えた症例です。
治療後、リテーナーをしないと
後戻りしてしまうリスクがあります。

  • 治療前
  • 治療後

約60万円。表側の矯正装置で
歯並びを整えた症例です。
治療後、リテーナーをしないと
後戻りしてしまうリスクがあります。

オーソドックスな矯正装置ですが、他の装置にはないメリットがあります!

一般的な歯の表側につける矯正装置です。
他の目立ちにくい矯正(マウスピース型・裏側矯正)と比べ、目立ちます。
※「裏側矯正」、「マウスピース型の矯正装置

しかし、最近では装置(ワイヤー・ブラケット)を半透明な装置にすることで、可能な限り目立ちにくくしている装置が開発されています。患者様の好みに合わせて、ブラケットだけ目立ちにくい装置にするケースと、ブラケットとワイヤーどちらとも目立ちにくい装置にするケースがあります。

  • 片方
  • 装置

大人が矯正することは、最近では珍しくなくなりました。
しかし、一般的な「銀色の装置」にはまだ抵抗があるため、表側で矯正する場合でも「極力目立ちにくい」この装置を選択される方が多くいらっしゃいます。

まずは、同じ目立ちにくい装置である「裏側矯正」「マウスピース型矯正」と「目立ちにくい歯の表側につける装置」の違いをご紹介します。

「目立ちにくい矯正」のラインナップ比較

裏側矯正 マウスピース型矯正 表側矯正
画像 裏側 マウスピース 表側
特徴 歯の裏側に装置をつけるため一番目立ちにくい。 透明なマウスピース型の矯正装置。取り外しができる。 歯の表側につける矯正装置。昔から存在する。
費用 高い 一般的 安い
見た目
取り外し × ×
難しい症例への適用
治療期間 通常と同じか、若干期間が延びる。 若干期間が延びる 他と比べ短い

上記赤文字が、他の矯正(裏側・マウスピース)と比べメリットがある部分です。
昔から存在し、常にブラッシュアップされているため、このようなメリットが存在します。

患者様によって「求めること」は異なりますので、まずはご自身が大切にしたいことをお伝えください。あなたにとって何が一番適した装置なのかを、しっかりヒアリングしてご提案いたします

「目立ちにくい」表側矯正2つの特徴

特徴1「痛み」と「治療の長期化」を改善

装置2

従来の矯正装置は、細いワイヤーやゴムで、ブラケットとワイヤーを固定していましたが、この方法だとどうしてもブラケットとワイヤー間で「摩擦」が生じてしまい、治療の長期間化、そして痛みの原因となってしまいます。

装置3

そこで当院では「低摩擦(ローフリクション)」というブランケットを利用することで、痛みの軽減短期治療を可能にしました。「痛くて食事が辛い」など、治療中に感じる悩みの多くは、これでだいぶ解消されるでしょう。

特徴2「1回の治療時間」の短縮

ワイヤー

今までのワイヤーでは、歯並びの状態に合わせてワイヤーを「曲げる時間」がどうしても必要でした。
しかし、当院では曲げなくても利用できるワイヤーを利用することで、1回の治療時間の短縮を可能にしています。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。
どんなことでも構いませんので、私たちにお話しいただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

このページの先頭に戻る